日当たりの悪い賃貸物件の特徴を解説

北向きの方角にある賃貸物件は日当たりが悪い

日当たりの悪い賃貸物件は、方角でいうと北向きの方位にある部屋がそれにあたります。他の方角と比べて部屋に直射日光が入ることがありません。日中はやわらかな光が入る程度であり、日差しが入らないので部屋は暗いと感じることもあります。洗濯物は乾きづらいので、乾燥機を使用するのも良い案です。そして、室温が下がりやすいため、夏は割と涼しく、快適に過ごしやすくなります。しかし、冬の時期は部屋が暗くなるのが早く、特に床がフローリングですと寒さが厳く感じられるでしょう。日当たりの悪い北向きの賃貸物件は、どの方角の部屋よりも家賃が安いです。賃貸物件を選ぶときに、家賃をできるだけ抑えたいと考えている人にとっては、日当たりの悪い北向きの部屋は向いているかも知れません。

周囲の環境によって採光が遮られることも

日当たりの悪い賃貸物件は、北向きの部屋だけではありません。北向き以外の方角の部屋は太陽光は入りますが、周囲の建物の影響を受けることによって、日差しが一切入らなくなることもあるのです。南向きの賃貸物件は一番日当たりが良いとされていますが、ベランダの窓を開けると隣の家との距離が近すぎて日光が入らない場合もあります。そして、1階であれば防犯のために塀や植栽で窓が遮られていることもあるため、部屋に日差しが入りにくくなっていることもあります。また、周りに背が高い建物が立ち並んでいると、日当たりが悪くなる原因になります。このように、南向きの日当たりが良い賃貸物件に決めたつもりであっても、周囲の環境の影響で予期せぬトラブルが起きることもあります。賃貸物件を借りる前に部屋の下見はしておいた方がよいでしょう。